任意売却  競売
任意売却の注意点

 トップページ > 任意売却と競売の比較

 任意売却と競売の比較

任意売却とは、住宅ローンや借入金等の債務返済が難しくなった場合において、債権者は担保権を実行して債権を回収することとなりますが、競売による不動産売却では現金化までに時間を要し、また市場実勢価格よりも安くなるケースが多くなるため、不動産会社の仲介により債権者と債務者の調整を行い、市場で担保不動産を売却することをいいます。

任意売却と競売を比較した場合、前者のメリットとデメリットとして、以下のことが挙げられます。

メリットとしては、市場実勢価格に近似した価格で売却可能、競売より短時間で売却でき債権者の回収期間が短縮される、残債の返済方法について相談可能、売却費用の持出しは不要(売却価額から捻出)、公告手続きがないのでプライバシー配慮が可能、買主も状況検分が可能になるのでメリットが大きい、といったことが挙げられ、デメリットとしては、通常の売却より不確実性要素が高い(債権者全員の同意取得等)、任意売却後の自己破産が免責とならないケースが生じる可能性がある、残債に対して新たな連帯保証人を求められるケースがある、といったことが挙げられます。

室内画像2

以上、メリットとデメリットを比較しましたが、やはり競売よりも高値で売却できる可能性が高い点、短時間で売却できる可能性が高い点を考慮しますと、債務者、債権者の双方にとって、任意売却の利点の方が大きくなっています。そのため、任意売却を採用できる可能性があるのであれば、まずは検討してみることが妥当になります。


売りたい不動産の相場を知る方法

売りたい物件の相場を知るには、新聞の折込チラシに入ってくる不動産の売却情報やネットからの情報などがあります。

しかし、自分の住んでいるマンションが売りに出ていないとかで、判断するのが難し場合があります。

そんな場合には、一括査定サイトを活用するのがオススメです。

注意点としては、必ず3社以上から査定をしてもらうことです。なぜなら、業者により査定額は大きく違うからです。

査定額が違うとさらりと言いましたが、10万や20万と違いますよ。

不動産ですから100万以上違うのなんてのは序の口。かなりの差があります。

そこで、利用したいのが一括査定サイトです。完全に無料で査定してもらうことができますので、ぜひ活用してみましょう。

で、どこの一括査定サイトを使ったら良いかですが、一括査定サイトをランキングした便利なサイトを見つけましたのでご紹介しておきます。コチラです。→不動産売却


任意売却
 トップページ > 任意売却と競売の比較
Copyright (C) 2014 任意売却 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。