任意売却 
任意売却の注意点

 トップページ > 任意売却と競売の比較

 任意売却の注意点【住み続ける方法】

任意売却にはいくつかのメリットがあります。

任意売却の任意とは当事者の意思によるということを意味しています。

不動産取引をおこなう場合において売主と買主が存在しますが、双方ともお互い争いごとは極力避けたいという感情があります。

平和的に解決できるのであればその方法をとることが一番ベストだからです。

任意売却は根本的に話し合いの精神にのっとっていますから、この点に関して売主、買主お互いにメリットがあるといえます。

これに対して競売など物件を担保にとった契約は双方の話し合いという部分にかけているといえます。

債権者側は競売よりも一般の中古住宅のように販売するほうが多く回収できるというメリットがあります。

また購入者は一般の不動産よりも価格的に安く購入できるというメリットがあります。

競売のように不特定多数の人と交渉するのはかなり労力がかかることですが、こういった面倒さがない点も大きなメリットといえます。

また身内に資金的に支援できる方がいれば、債権者との話し合いによってそのまま住み続けるような交渉も可能になります。

しかしながら不動産業者のところにいってもなかなか任意売却の物件は見つからないのが現状であり、注意点でもあります。

この辺りについてはやはり、しっかりとした経験とノウハウを持った不動産業者を探すことが重要であるといえます。

また債権者によっては任意売却させる条件として公正契約などの連帯保証人の要求をしてくる可能性もあるので、その辺りも注意点となります。

任意売却
 トップページ > 任意売却と競売の比較
Copyright (C) 2014 任意売却 . All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。